コンチネンタル、パワートレイン新会社の分離独立 IPOを延期

コンチネンタルのパワートレイン部門が独立した新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」
  • コンチネンタルのパワートレイン部門が独立した新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」
  • コンチネンタルのパワートレイン部門が独立した新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」
  • コンチネンタルのパワートレイン部門が独立した新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」

コンチネンタル(Continental)は4月30日、パワートレイン部門を独立させた新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」のIPO(新規株式公開)を延期すると発表した。

ヴィテスコ・テクノロジーズは2019年4月から、コンチネンタルから独立した企業として事業を開始した。「ヴィテスコ」とは、生命を意味するラテン語の「vita」に由来し、エネルギー、スピード、敏捷性というイメージを想像させるものとした。

ヴィテスコ・テクノロジーズでは、内燃エンジン事業に加えて、ハイブリッドや電動ドライブシステムを含むすべての事業やバッテリー事業を手がけている。パワートレイン電動化の分野において長年の経験を積み、単一の動力源からパワートレインの完全な電動化を実現できるシステムサプライヤーとして、48ボルトシステム、トランスミッションシステム&アクスルの統合ハイブリッドソリューションから、高効率のパワーエレクトロニクス完全Eドライブ、インテリジェントなエネルギーと熱管理を通して最適化された充電エレクトロニクス、バッテリー管理システムなど、商品ラインナップは幅広い。

コンチネンタルは、このヴィテスコ・テクノロジーズのIPOを延期する。これは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を受けての対応だ。新型コロナウイルスに伴い、世界経済の不確実性が増しているため、ヴィテスコ・テクノロジーズは2020年のIPOを見送る。

コンチネンタルのエルマー・デゲンハートCEOは、「IPOは正しいステップ。市場環境が目覚ましく改善され、現在よりも予測可能になったら、IPOを実施していく。」

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース