アストンマーティン、全世界で新車保証を延長…ロックダウンに配慮

アストンマーティン(Aston Martin)は4月24日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)によるロックダウンに配慮して、全世界で新車保証を延長すると発表した。

具体的には、2020年6月30日までに有効期限が切れる新車保証を延長する。または2020年3月14日以降、中国の場合は2020年1月1日以降、有効期限が切れたすべての新車保証を延長する。これは、世界の多くの国のロックダウンに配慮したものだ。

新型コロナウイルスによる混乱が続く中で、アストンマーティン車の定期メンテナンス時期を迎える顧客は、サービスインジケーターの点灯から3か月または走行3220kmのどちらか早い方に到達するまでに、メンテナンスを受ければ良いように、期限を延長する。この場合でも、アストンマーティンの新車保証は継続される。

ロックダウンが解除され、アストンマーティンのディーラーの営業が再開されるとすぐに、メンテナンスを受ける顧客は、ディーラーに予約をする必要がある。車両はアストンマーティンの純正部品を使用して、訓練されたサービス技術者がメンテナンス作業を行う。

アストンマーティンのクライアントサービスディレクターのアンディ・ウェスト氏は、「グローバルディーラーネットワークと協力して、顧客とそのスポーツカーをサポートするためにできる限りのことを行う。ロックダウンが解除され、愛するアストンマーティンのスポーツカーのハンドルを、再び握る日が来ることを願っている」と語っている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース