ダイハツ、地域限定で勤務を行う「エリアスタッフ」制度を2020年度より導入

ダイハツは3月31日、地域を限定して勤務することができる「エリアスタッフ」制度を2020年度より導入すると発表した。

ダイハツでは、働き方改革の一環として、働き方の多様化と多様な人材の採用、育成、活躍の支援を進めており、今回設定したエリアスタッフ制度も、その一環として実施するもの。

エリアスタッフ制度は、勤務地域を限定し、転居を伴う転勤がないことを条件として勤務できる新制度。住み慣れた地域で長く働きたい人材や、家族の介護などで現在働いている地域からの移動が困難な人材などを積極的に採用する。ダイハツでは、これまで雇用のチャンスに恵まれなかった人材に活躍の機会を提供することで、社会的な課題解決にも貢献できると考えている。

当面は東京地区にて、主に大規模法人を対象とした営業業務を担う人材について、5名程度の採用を予定。エリアスタッフとして採用された人材は、地域限定社員として期限の定めのない嘱託雇用契約を結び、長期的に安定して業務を行える人材の採用と育成を目指す。

詳細についてはダイハツ経験者採用情報サイトにて随時案内していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース