MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦、11月に延期…新型コロナウイルス

2019年もてぎ戦スタート
  • 2019年もてぎ戦スタート
  • イメージ
  • ツインリンクもてぎ

モビリティランド ツインリンクもてぎは、4月25~26日に開催を予定していた「2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦 スーパーバイクレース in もてぎ」の開催を、11月14~15日へ延期することを発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて慎重に検討を重ねた結果、観客、選手、関係者の安全・安心を最優先に考慮し、開催延期を判断した。 各種チケットの払い戻し手続きについては、決定次第、ツインリンクもてぎ公式ホームページで改めて発表する。 手元にあるチケットは詳細決定まで保管が必要となる。

なお、本大会の土曜日に開催予定だった「CBオーナーズミーティング ツインリンクもてぎ」(主催:ホンダ モーターサイクルジャパン)に関しては、同日程へ延期対応を検討中。

また、本大会のJSB1000クラス(レース1)で予定されていた「鈴鹿8耐トライアウト2ndステージ」は中止となり、 5月16日に鈴鹿サーキットで開催予定の「2020 鈴鹿・近畿選手権シリーズ第2戦 鈴鹿サンデーロードレース 《8耐トライアウト》クラス」が、トライアウト対象レースのFINALステージとなる。この変更に伴いFINALステージでの選出チーム数は19~39チーム(EWC契約チーム数により増減)に、主催者推薦は10チームへと変更される。

《河村大志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース