有名スタートアップを創出してきたJEITAベンチャー賞 ダイナミックマップ基盤など8社に決定

JEITAベンチャー賞
  • JEITAベンチャー賞

電子情報技術産業協会(JEITA)は3月24日、「JEITAベンチャー賞」の受賞企業8社が決定したと発表した。

JEITAベンチャー賞は、電子情報技術産業の総合的な発展や、経済発展に貢献するスタートアップを表彰するもの。第5回JEITAベンチャー賞には、自動運転車向け3Dマップのプラットフォームを制作するダイナミックマップ基盤、自動運転向けAIなどに強いアラヤ、AIメディカルサービス、サイキンソー、半導体を手がけるノベルクリスタルテクノロジー、無線通信技術に強いPicoCELA、ボスコ・テクノロジーズ、リモハブの計8社が受賞した。

ベンチャー賞は過去にはPreferred Networks(プリファードネットワークス)やMUJIN、ABEJAなどのベンチャー企業が受賞、その後に各分野で一目置かれる企業に成長したケースもある。

5回目となる今回も「JEITAベンチャー賞審査委員会」が成長性(先導性)、波及性、社会性の3つの視点からベンチャー企業を審査・選考した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース