アプリリア RSV4 1100ファクトリー、2020年モデルの受注開始 セミアクティブサス採用

アプリリア RSV4 1100ファクトリー
  • アプリリア RSV4 1100ファクトリー
  • アプリリア RSV4 1100ファクトリー
  • アプリリア RSV4 1100ファクトリー

ピアッジオグループジャパンは、電子制御セミアクティブサスペンションを搭載したアプリリアのフラッグシップスーパースポーツ『RSV4 1100ファクトリー』の受注を開始、4月上旬から出荷する。

RSV4 1100ファクトリーは、最高出力を217HP/最大トルクを122Nmを発生する1078cc V4エンジンを搭載。アクラポビッチ製軽量チタンサイレンサーや、ボッシュ製リチウムイオンバッテリーの採用などにより車両重量を199kgに抑えている。また、カーボン製ウィングレットをサイドカウルに標準装着。コーナー立ち上がりではウイリー傾向を抑え、同時にハードブレーキングでの安定性向上に貢献する。

2019年モデルでは、オーリンズとアプリリアの共同開発によるセミアクティブ電子制御サスペンションシステムを標準装備。ハンドルバーのボタン操作でセミアクティブモードとマニュアルモードが選択できる。同システムは、すでに導入されている『トゥオーノ V4 1100 ファクトリー』から油圧技術が大幅に改良されている。

セミアクティブモードは、スリックタイヤ/サーキット走行用、コンパウンドタイヤ/サーキット走行用、公道専用の3モードを用意。路面の状況に応じて振動を吸収する高性能な油圧技術が特徴で、セミアクティブの介入度を3レベルから選択できる。一方マニュアルモードでは、機械式サスペンションシステムの動作と同じ方法で、あらかじめ設定された多彩な設定を提供。好みやライディングスタイルに応じて、サスペンションの微調整など、カスタマイズができる。

カラーリングは、アプリリアのMotoGPマシン「RS-GP」を彷彿とさせるグラフィックデザインを採用。マットブラックをベースにトリコロールグラフィックを配した。価格は297万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • アプリリア RX125/SX125、2020年モデル発売…グラフィック変更 画像 アプリリア RX125/SX125、2020年モデル発売…グラフィック変更
  • ホンダ CB1100RS、重厚感ある受注期間限定カラー追加へ 画像 ホンダ CB1100RS、重厚感ある受注期間限定カラー追加へ
  • ホンダ CRF1100Lアフリカツイン、ロングストロークサス採用の新タイプ追加へ 画像 ホンダ CRF1100Lアフリカツイン、ロングストロークサス採用の新タイプ追加へ
  • 新型カタナ を GSX1100S顔に変身、スクリーン&取り付けステーセット発売 アクティブ 画像 新型カタナ を GSX1100S顔に変身、スクリーン&取り付けステーセット発売 アクティブ

特集

おすすめのニュース