アイシン精機、パーソナルモビリティ「ILY-Ai」を事業化 大型SCへリース提供

ILY-Ai (カラフルタウン岐阜 専用モデル)
  • ILY-Ai (カラフルタウン岐阜 専用モデル)

アイシン精機は、パーソナルモビリティ「ILY-Ai(アイリーエーアイ)」の事業化を発表。第1弾として、3月7日からトヨタグループが運営するショッピングセンター「カラフルタウン岐阜」に有償でのリース提供を開始する。

ILY-Aiは、乗車モード「ビークル」、立ち乗りスタイル「スクーター」、便利に荷物を運搬できる「カート」、使った後はコンパクトに収納できる「キャリー」の、4つのスタイルに変形できる商業施設特化型パーソナルモビリティ。大型商業施設内でのショッピングパートナーとして、買い物時にカートとして利用したり、子どもと一緒に乗ったりと、ユーザーの様々な用途に合わせて利用できる。

カラフルタウン岐阜では、2019年7月から実証実験として「ILY-Ai」の貸し出しをしており、土日には平均約30名/日の人が乗車した。利用客の生の声と、ショッピングセンター側の要望や意見を取り入れて、利便性、安全性を高め、今回事業化を決定した。なお、事業形態としてはショッピングセンターへのリースとなり、一般客は利用会員登録をすれば、無料でレンタルできる。

アイシン精機では、今回のカラフルタウン岐阜での事業開始を皮切りに、全国の様々な商業施設への導入に向けて取り組みを進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース