ZF、新型のタイヤ摩耗テスターを開発…高周波レーザー測定が可能

ZFの新型タイヤ摩耗テスター
  • ZFの新型タイヤ摩耗テスター
  • ZFの新型タイヤ摩耗テスター

ZF は、新型のタイヤ摩耗テスターを開発した、と発表した。

自動車のタイヤは時間の経過とともに摩耗し、細かいほこりやマイクロプラスチックの形で、小さな粒子を放出する。このタイヤの摩耗が、都市の微細な粉塵汚染の原因のひとつになっている。

ZFの新型タイヤ摩耗テスターを使用すれば、タイヤメーカーはタイヤの摩耗をテストし、タイヤを最適化することができ、よりクリーンな環境の実現に貢献できるという。

ZF の新型タイヤ摩耗テスターを使用すると、テストベンチ上で実際の走行状態をシミュレーションして、タイヤの摩耗を確認できる。ZFの新型タイヤ摩耗テスターは、気象条件に関係なく、24時間365日稼働できる。 また、屋内でテストできるため、気温や天候などに左右されにくいシミュレーションが可能になり、ドライバーの違いによる影響も排除できる。テスト中、タイヤの状態は常に測定され、タイヤの摩耗を判定する。

ZFは、高周波レーザー測定を可能にする新しい測定システムを開発した。 ZFインライントレッド摩耗マッピングシステムは、タイヤの摩耗を正確に測定する。このシステムは、三角レーザー測定に基づいており、一定の走行距離を走った後のタイヤの摩耗を測定する。測定は完全に自動化されており、タイヤを機械から取り外して測定する必要はない。

ZFのタイヤ摩耗テスターは、さまざまな運転モードのシミュレーションを可能にする。乗用車用タイヤの最高テスト速度は180km/h、バスとトラック用タイヤの最高テスト速度は160km/h、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース