パーソナルモビリティが自らエレベーターを利用 三菱電機が技術を開発

モビリティの移動に合わせたアニメーションライティング
  • モビリティの移動に合わせたアニメーションライティング

三菱電機は2月4日、ビル内のダイナミックマップを使って清掃や警備、配送などのサービスロボットや次世代型電動車椅子などのパーソナルモビリティと、エレベーターや入退室管理システムが連携する制御技術を開発したと発表した。

今回開発した技術は、ビル内のモビリティの位置情報、通行可能な経路情報、エレベーターなどの動的情報を付加した三次元地図(ダイナミックマップ)を使って複数のモビリティに移動ルートやタイミングを自動で指示し、最適な移動経路に誘導する。各種モビリティの移動に合わせて、エレベーターや入退室管理システムといったビル設備を連携制御してモビリティを効率的な縦横移動を実現する。モビリティの位置やエレベーターの稼働状況を見える化し、モビリティの故障発生時でもビル管理者の業務負荷を軽減する。

また、モビリティのエレベーター乗降に合わせてエレベーターホール床面にアニメーションライティングによる案内表示し、周囲の人に注意喚起する。モビリティが進む方向を事前に床面に表示し、人が安全にすれ違えるよう支援する。

今回開発した技術によってモビリティと人の効率的、安全なビル内縦横移動が可能となり、ビル管理の省力化と人とロボットが安心に共存する「スマートビル」の実現に寄与するとしている。

同社では今後、デベロッパーやモビリティメーカーとの共同実証を通じて開発を進め、ビル利用者の安全に配慮したロボットの縦横移動を支援するサービスとして2020年度以降の実用化を目指す。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース