ハーマンがEVでの会話を支援、声を感知してオーディオ音量を自動調整…CES 2020

ハーマンの「ボイス・センシング・ボリューム・フェード」(CES 2020)
  • ハーマンの「ボイス・センシング・ボリューム・フェード」(CES 2020)
  • ハーマンの「ボイス・センシング・ボリューム・フェード」(CES 2020)
  • ハーマンの「ボイス・センシング・ボリューム・フェード」のイメージ
  • ハーマンの「ボイス・センシング・ボリューム・フェード」のイメージ

ハーマン(HARMAN)はCES 2020において、EV向けのオーディオテクノロジーの「EV Plus +」の一部として、「ボイス・センシング・ボリューム・フェード」を発表した。

ボイス・センシング・ボリューム・フェードは、音楽が流れているEVの車内での会話を支援するシステムだ。会話が始まるとその声を感知し、会話が聞き取れるように音量を自動的に下げる。会話が終わると、自動的に音量が元に戻る。

自動車メーカーに純正採用されるこのテクノロジーは、EVのユーザーが、ハーマン製オーディオで選択できるパーソナライズ機能のひとつだ。ユーザーは車載オーディオ、エンターテインメント、通信機能を追加したり、アップデートしたりできる。

ハーマンは、車内でおしゃべりしたい時、音量スイッチを操作することから乗員を開放する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ダイハツ、「音声による点検結果入力システム」を改良 法定12か月点検での運用開始 画像 ダイハツ、「音声による点検結果入力システム」を改良 法定12か月点検での運用開始
  • パイオニア、音声UI開発スタートアップ企業と業務提携 車載製品などに活用 画像 パイオニア、音声UI開発スタートアップ企業と業務提携 車載製品などに活用
  • 都内のタクシー会社5社、多言語音声翻訳システムの実証実験を実施 画像 都内のタクシー会社5社、多言語音声翻訳システムの実証実験を実施
  • 音声トリガーでスマホに情報提供へ…「SoundUD」で多言語サービス、首都圏の運輸15社 画像 音声トリガーでスマホに情報提供へ…「SoundUD」で多言語サービス、首都圏の運輸15社

特集

おすすめのニュース