NAVITIMEドライブサポーター、走りやすいルートを提供する「初心者モード」を搭載

ナビタイムジャパンは、12月10日より、Android OS向けカーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」にて「初心者モード」の提供を開始した。

初心者モードは、初心者ドライバーの運転に対する不安を取り除き、安全運転を手厚くサポートすることをコンセプトに開発。運転に不安のあるペーパードライバーや、高齢者ドライバーの安全運転支援にも役立つ機能だ。

初心者モードでは、初心者の苦手な都市高速を回避する「初心者」ルートを提供するほか、右左折(特に右折とUターン)を極力少なくしたり、上下線で1車線以下の細い道路と片側3車線以上の道路をなるべく避けるルートを提供。運転技術が未熟でも安心して運転できるようサポートする。

また地図は、建物や道路の色数を減らしてシンプルで見やすくするとともに、ルート上のアイコンのみを表示。「標準モード」で提供している、速度超過、事故多発地点、一時停止等を音声やアイコンで喚起する機能に加え、音声による右左折時、合流時の注意喚起も行う。そのほか、走行ログをもとに、ドライバーの道路交通法違反がなかったかを分析し、地図上に注意喚起箇所を表示する、走行実績振り返り機能を提供する。

ナビタイムジャパンでは、さらに初心者ドライバーをサポートするため、自動車運転免許取得から最大1年間、NAVITIMEドライブサポーターのすべての機能を無料で使えるようにした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース