【スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト】初日はルーキーのユーリ・ビップスがトップタイム

総合トップのユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)
  • 総合トップのユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)
  • ユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)
  • 総合2位の福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
  • 総合3位の塚越広大(REAL RACING)
  • 総合4位の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
  • 総合5位の野尻智紀(TEAM MUGEN)
  • 総合6位のサッシャ・フェネストラス(KONDO RACING)
  • 1回目4位だった大津弘樹(TCS NAKAJIMA RACING)

4日、鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラのテスト初日が行われ、最終戦にスポット参戦したユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)がトップタイムをマークした。

鈴鹿サーキットで12月4日・5日の日程で行われるスーパーフォーミュラの「鈴鹿エンジン・ルーキードライバーテスト」の初日は、風は強いものの青空が広がる絶好のコンディション。この日は9時~11時と14時~16時の2時間づつ計4時間のセッションが行われ、20台のマシンと22名のドライバーが参加した。

セッションがスタートすると続々とコースイン。各ドライバーが精力的に周回し、テストのスケジュールをこなしていった。1回目のセッションは最終的に2018年のチャンピオン山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分36秒900のトップタイムをマークしたが、2番手につけたのは今シーズンの最終戦に1戦だけスポット参戦したユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)。山本から0.43秒遅れのタイムだったが、最終戦の自身のタイムを約1秒短縮してきた。

3番手は2019年のルーキーながら、海外でのレース経験も豊富な牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)。これにスーパーフォーミュラ未参戦で、全日本F3ランキング4位の大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)、2019年のルーキー、ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)と、若手ドライバーが続いた。

2回目のセッションは開始早々にビップスがコースアウトして赤旗中断。しかし、マシンのダメージは少なく、ピットで修復して走行を再開することができた。その後はアウアーが1分37秒103でしばらくトップの座にいたが、セッションが終わり間近になるとソフトのニュータイヤで予選シミュレーションが始まり、一気にタイムを短縮。最終的にビップスが1分36秒215をたたき出して、この日の総合トップでセッションを終えた。

ビップスは最終戦予選で記録した1分38秒390から2秒以上もタイムを短縮。「鈴鹿はとても難しいし、マシンもうまく操るのは難しい。だから1周ごとに勉強して走りを修正している。今日のパフォーマンスはまだ満足できていない。もっともっと速くなれるはず」とビップス。終了間際の赤旗でタイムアタックできなかったドライバーがいたこともあり、トップの結果だけで満足はしていない様子だった。

2回のセッションの総合では、2番手が福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)で1分36秒506。以下塚越広大(REAL RACING)、山本、野尻智紀(TEAM MUGEN)と続き、2019年全日本F3チャンピオンのサッシャ・フェネストラス(KONDO RACING)が6番手につけた。

テスト最終日となる5日は、8時50分~10時50分、13時20分~14時20分の2回のセッションが行われる予定だ。

スーパーフォーミュラ テスト 12月4日総合結果
1. ユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)/1分36秒215
2. 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1分36秒506
3. 塚越広大(REAL RACING)/1分36秒792
4. 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1分36秒900
5. 野尻智紀(TEAM MUGEN)/1分36秒954
6. サッシャ・フェネストラス(KONDO RACING)/1分37秒040
7. 山下健太(KONDO RACING)/1分37秒097
8. ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)/1分37秒103
9. シャルル・ミレッシ(ThreeBond Drago CORSE)/1分37秒206
10. 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)/1分37秒440
11. 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)/1分37秒500
12. 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1分37秒644
13. 大津弘樹(TCS NAKAJIMA RACING)/1分37秒789
14. 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)/1分37秒836
15. 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)/1分37秒864
16. 松下信治(ThreeBond Drago CORSE)/1分37秒957
17. ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)/1分38秒983
18. 国本雄資(carrozzeria Team KCMG)/1分38秒011
19. 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)/1分38秒376
20. 宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)/1分38秒399
21. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1分38秒795
22. 片山義章(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1分41秒193

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【スーパーフォーミュラ 最終戦】2019年のチャンピオンはニック・キャシディ、悲願の初戴冠達成…7戦7人目のウイナーは野尻智紀 画像 【スーパーフォーミュラ 最終戦】2019年のチャンピオンはニック・キャシディ、悲願の初戴冠達成…7戦7人目のウイナーは野尻智紀
  • 【スーパーフォーミュラ 最終戦】晴れなのにレインタイヤでスタートの怪!? 可夢偉陣営が採った作戦、その意味 画像 【スーパーフォーミュラ 最終戦】晴れなのにレインタイヤでスタートの怪!? 可夢偉陣営が採った作戦、その意味
  • 【F1 アブダビGP】最終戦は王者ハミルトンがポールトゥウィン…フェルスタッペンが2位 画像 【F1 アブダビGP】最終戦は王者ハミルトンがポールトゥウィン…フェルスタッペンが2位
  • 鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラのスカラシップは岩佐歩夢に決定 2019年度 画像 鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラのスカラシップは岩佐歩夢に決定 2019年度
  • 鈴鹿最速!! ルノー メガーヌR.S.トロフィーR 新型がラップタイムを更新…先代比3秒以上 画像 鈴鹿最速!! ルノー メガーヌR.S.トロフィーR 新型がラップタイムを更新…先代比3秒以上

特集

おすすめのニュース