タクシー事前確定運賃、全国27地域でスタートへ 国交省が認可

国土交通省は、タクシー料金を事前に確定する運賃を認可したと発表した。27地域、約2万台で事前確定運賃を利用できるようになる。10月25日付で認可され、28日以降、準備が整った地域からスタートする。

自動車 社会 行政
国土交通省は、タクシー料金を事前に確定する運賃を認可したと発表した。27地域、約2万台で事前確定運賃を利用できるようになる。10月25日付で認可され、28日以降、準備が整った地域からスタートする。

事前確定運賃は、配車アプリなどで入力した乗降車地の地図上の走行距離と推計所要時間を踏まえてタクシー運賃を算出して乗車前に確定するもの。

タクシー乗車前に運賃が確定することで「渋滞や回り道によって運賃が高くなるかもしれない」や「到着するまでメーターが気になる」というタクシー運賃に関する不安を払拭しタクシーの利用増加につながると見られている。

また、訪日外国人にとっても、事前に運賃を確定してタクシーを安心して予約できるようになる。

事前に運賃を確定するタクシー配車アプリはみんなのタクシーの「S RIDE.」、JapanTaxiの「JapanTaxi」、DeNAの「MOV」。札幌、東京、横浜、長野、名古屋など、27地域で約200社、約2万台のタクシーで実施される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • タクシーの運賃、事前に確定 配車アプリ「S.RIDE」がサービス開始 画像 タクシーの運賃、事前に確定 配車アプリ「S.RIDE」がサービス開始
  • 観光客向け相乗りタクシーとサイクルシェアリング、サービスを組み合わせ 札幌 画像 観光客向け相乗りタクシーとサイクルシェアリング、サービスを組み合わせ 札幌
  • DeNAが“働き方改革タクシー”を提案、再生可能エネルギーの新ソリューションも…CEATEC 2019 画像 DeNAが“働き方改革タクシー”を提案、再生可能エネルギーの新ソリューションも…CEATEC 2019
  • タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%…本格導入へ 画像 タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%…本格導入へ

特集

おすすめのニュース