磐越西線に指定席着席サービス…半室のリクライニングシート車両を導入 2020年春頃

E721系電車の後部を指定席とする磐越西線の「指定席着席サービス」。サイドには大きく「RESERVED 指定席」と表示し、指定席であることをわかりやすくする。
  • E721系電車の後部を指定席とする磐越西線の「指定席着席サービス」。サイドには大きく「RESERVED 指定席」と表示し、指定席であることをわかりやすくする。
  • 透明のパーテーションを設ける半個室状の指定席。リクライニングシートを14席設置。

JR東日本仙台支社は10月25日、磐越西線郡山~会津若松間の一部列車に指定席着席サービスを導入すると発表した。

これは3月にJR東日本と福島県、会津若松市の3者が「会津若松駅前広場の整備等を起点とした会津地域の観光振興等に関する包括連携協定」を締結したことを受けての取組みで、2020年春頃に導入。1両のおよそ半分にリクライニングシート14席を設置する。

かつて磐越西線郡山~会津若松間では、『あいづ』『ビバあいづ』といった特急に指定席が連結されていたほか、快速『ばんだい』に半室のグリーン車も連結されていたが、定期列車がE721系近郊型交流電車に統一されている現在は、全車自由席の快速と普通列車が運行されるだけとなっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 東武・日比谷線直通列車で有料着席サービス…デュアルシートの70090形を新造 2020年度 画像 東武・日比谷線直通列車で有料着席サービス…デュアルシートの70090形を新造 2020年度
  • 常磐線特急の着席サービスを中央線特急にも拡大…全列車がE353系化される2019年春から 画像 常磐線特急の着席サービスを中央線特急にも拡大…全列車がE353系化される2019年春から
  • JR西日本の新快速に有料座席サービス…愛称名は『Aシート』 2019年春に導入 画像 JR西日本の新快速に有料座席サービス…愛称名は『Aシート』 2019年春に導入
  • JR東海が在来線指定席の車内改札を省略…車掌用新型端末を導入 10月1日から 画像 JR東海が在来線指定席の車内改札を省略…車掌用新型端末を導入 10月1日から

特集

おすすめのニュース