メルセデスベンツ、「Car-to-X」の冬季実証実験へ…滑りやすい路面の情報を共有

メルセデスベンツの「Car-to-X」の冬季実証実験のイメージ
  • メルセデスベンツの「Car-to-X」の冬季実証実験のイメージ

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は10月9日、次世代の車対インフラのコミュニケーションシステム、「Car-to-X」の実証実験を今冬、ドイツの公道で行うと発表した。

車対インフラのコミュニケーションシステムのCar-to-Xは、他車から得られた情報などを元に、リアルタイムの交通情報などを車両に配信するシステムだ。

例えば、高速道路を走行していて、前方で事故が起きた場合、事故直後の後続車両は、事故の状況を知ることができない。しかし、Car-to-Xでは、高速道路のどのレーンで、どのような事故が起きたかなど、事故の場所や詳細を後続車に素早く伝えることが可能になる。

これにより、二次的な交通事故を減らそうというのがメルセデスベンツの狙いだ。メルセデスベンツは、Car-to-Xの市販車への幅広い採用を目指している。

メルセデスベンツは、このCar-to-Xの実証実験を今冬、ドイツの公道で行う。Car-to-Xテクノロジーを搭載したメルセデスベンツ車のESPやABSセンサーが、滑りやすい路面を認識すると、GPSデータを含めた情報が、モバイル無線ネットワークを使用して、リアルタイムでダイムラーのバックエンドに送信される。

この匿名化された情報が、ドイツ国内の2つの道路維持センターのデジタルマップに、リアルタイムで表示される。将来的には、冬季の道路維持サービスをより効果的に展開し、凍結防止剤の使用量を最適化し、さらに環境に配慮できるようになる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集