クルマを支える圧縮技術や電動車の電源活用、豊田自動織機が紹介予定…東京モーターショー2019

豊田自動織機 ブースイメージ
  • 豊田自動織機 ブースイメージ

豊田自動織機は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に、自動車関連事業の製品を「圧縮技術」と「電動車の電源活用」の2テーマに分けて展示する。

エンジン車から電動車まで、クルマのパワートレインは多様化し、クルマが力強く、ときに楽しく走るため、また車内空間の快適さのため、さまざまな圧縮技術が採用されている。同社ブースでは、圧縮技術という観点から、ターボチャージャーを組み合わせて省燃費と高出力を両立させた環境にやさしいエンジンや、世界トップシェアを誇るカーエアコン用コンプレッサー、FCVの発電に必要な空気を吸引・圧縮して発電装置に送る酸素供給エアコンプレッサーなどを展示し、それらの製品の仕組みや役割を紹介する。

また、クルマのバッテリーから取り出した直流電力を家庭用の交流電力に変換し、非常時の電源として活用する取り組みに注目が集まっている。ACインバーターは、東日本大震災の際、停電時の携帯電話充電や暖房機器などの電源として使用されたのを機に、非常時の活用に関心が高まった。今回の出展では、HVやPHVなどの電動車を6台接続して高出力の電力をエレベーターなどの設備に供給する「ACインバーター結合器」や、FCバスなどの大電力供給能力を活用する「外部給電器(V2L)」など、開発中の製品を含め同社の電源活用技術を紹介する。

そのほか、自動運転技術に関連し、同社が開発している産業車両の自動運転や自律搬送、ロボティクス技術を紹介し、未来の物流の一端を紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 豊田合成、ゴム・樹脂技術による柔らかなコンセプトカーを披露…東京モーターショー2019出展予定 画像 豊田合成、ゴム・樹脂技術による柔らかなコンセプトカーを披露…東京モーターショー2019出展予定
  • 日立オートモティブ、電動化・自動運転システムを紹介…東京モーターショー2019出展予定 画像 日立オートモティブ、電動化・自動運転システムを紹介…東京モーターショー2019出展予定
  • 住友ゴム、ダンロップ&ファルケンブースを出展予定…東京モーターショー2019 画像 住友ゴム、ダンロップ&ファルケンブースを出展予定…東京モーターショー2019

特集

おすすめのニュース