アイシングループ、道路維持管理支援サービスの実証実験を岡崎市で開始

実証実験概要
  • 実証実験概要

アイシン・エィ・ダブリュとアイシン精機は、岡崎市とともに、道路維持管理支援サービスの実証実験を10月2日より開始する。

道路維持管理支援サービスは、走行車両で収集したデータから道路の異常を検知。その情報の提供、補修に向けた計画支援、対策実施といった、道路の維持管理のトータルサービスで、従来の道路維持業務をより効率的に改善する。市民に、安心して道路を活用してもらうためにも、道路の維持管理業務は重要であり、これまで以上に管理業務の迅速化、効率化が求められている。

このような問題に対し、アイシングループは、コネクティッド技術、センサ情報分析技術にて、車両で収集したデータを活用することで、道路パトロール業務、管理者の補修計画作成業務を支援するサービスを提供する。

今回の実証実験では、資材車や道路パトロールカー、移動車にコネクティッドモジュールを搭載。データを収集し、それを位置情報活用PFへ送信する。道路管理者はそのデータを活用し、路面状態確認用webアプリにより、 路面状態の確認と補修計画の自動作成。道路パトロール作業者・道路補修者に作業管理用端末を配布し、作業指示確認、作業結果報告業務を効率化する。

アイシングループでは、管理業務の迅速化、効率化を実現し、市民が安全に、安心して道路を利用できる環境の実現を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ・モビリティ基金、岡山県赤磐市でコネクティッドカーによる道路維持管理の実証実験を開始 画像 トヨタ・モビリティ基金、岡山県赤磐市でコネクティッドカーによる道路維持管理の実証実験を開始
  • ドラレコ映像などを活用して道路標識などの点検・維持管理、省力化効果を確認 画像 ドラレコ映像などを活用して道路標識などの点検・維持管理、省力化効果を確認
  • 路面の雪をAIで認識、道路管理…ウェザーニューズが支援システムを開発 世界初 画像 路面の雪をAIで認識、道路管理…ウェザーニューズが支援システムを開発 世界初
  • 動画解析を用いたAI道路管理支援システム、ウェザーニューズが実用化へ 日本初 画像 動画解析を用いたAI道路管理支援システム、ウェザーニューズが実用化へ 日本初

特集

おすすめのニュース