安倍改造内閣に「自動車産業の競争力強化に支援を」要請 豊田自工会会長

豊田章男会長(資料画像)
  • 豊田章男会長(資料画像)

日本自動車工業会は、9月11日の内閣改造で発足した第4次安倍第2次政権について「『安定と挑戦の強力な布陣』である新内閣が一致団結し日本経済のさらなる成長に向けた重要政策に、全力で取り組んで頂きたい」との豊田章男会長コメントを発表した。

会長コメントでは、足元の円高傾向や、消費増税の影響など、経営を取り巻く環境の先行きが不透明で、国内市場や国内生産が縮小した場合、「日本の自動車産業が雇用を守っていくことは、更に難しくなってしまうという、強い危機感を抱いている」と懸念する。日本のものづくり・雇用を守り続けるため、自動車産業が一丸となって世界をリードするモビリティ産業となるよう努力していくとの決意を表明。

その上で、新内閣が将来のモビリティ社会を見据えた税制のあり方や規制緩和などによって、戦略産業である自動車産業が、中長期に競争力を強化できるよう支援を要請する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 自工会の豊田会長、参院選結果を受けて「自由な通商環境への取り組み強化を」 画像 自工会の豊田会長、参院選結果を受けて「自由な通商環境への取り組み強化を」
  • 日系自動車メーカーの米国への累計投資、5兆6000億円 自工会がレポート作成 画像 日系自動車メーカーの米国への累計投資、5兆6000億円 自工会がレポート作成
  • 自工会の豊田会長「輸入車・部品が米国家安全保障上の脅威になることはないと確信」 画像 自工会の豊田会長「輸入車・部品が米国家安全保障上の脅威になることはないと確信」
  • 自工会 豊田会長「国内生産が減ると雇用も守れない」…総会後のパーティで異例のスピーチ 画像 自工会 豊田会長「国内生産が減ると雇用も守れない」…総会後のパーティで異例のスピーチ

特集