ブリヂストン、タイヤ軽量化の新技術「エンライトン」を開発 転がり抵抗3割低減

タイヤ軽量化の新技術「エンライトン」(参考画像)
  • タイヤ軽量化の新技術「エンライトン」(参考画像)

ブリヂストンは9月3日、車両の運動性能やタイヤの摩耗性能を維持しながら、タイヤの軽量化で転がり抵抗を大幅に低減する新技術「エンライトン」を開発したと発表した。

新技術は、3次元形状革新サイプによるパターンブロック挙動最適化および、最新シミュレーション技術を活用した接地形状最適化により、運動性能、タイヤライフを維持しながら、タイヤに使用する部材を削減。従来の乗用車用タイヤ(225/40R18の場合)に比べて約20%の軽量化、転がり抵抗を約30%低減する。

新技術エンライトンは、省資源化と転がり抵抗の低減により、ガソリン車の走行時にタイヤ起因によるCO2排出量を約30%削減、また電気自動車の航続距離を延ばすことを通じて環境負荷低減とモビリティ社会に貢献する。

あおり運転に備えたドライブレコーダーにまさかの弱点!? 夏の過酷な環境でSDカードが…

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース