JR東日本のポイントをSuicaの鉄道利用でも付与…1回ごとの還元率は最大2% 10月1日から

モバイルSuicaでSuicaグリーン券を購入すると、1回の購入額に応じて還元率2%のポイントが付与されるサービスが10月1日から始まる。写真は横須賀線のグリーン車。
  • モバイルSuicaでSuicaグリーン券を購入すると、1回の購入額に応じて還元率2%のポイントが付与されるサービスが10月1日から始まる。写真は横須賀線のグリーン車。
  • モバイルSuicaでは2%のポイント還元だが、カードタイプは0.5%に留まる。ポイント付与は、原則として入出場を行なった際に引き去られる運賃にJR東日本分が含まれている場合に限る。
  • 「JRE POINT」の付与と利用のイメージ。「えきねっと」については現在も「JRE POINT」と交換できる「えきねっとポイント」が付与されているが、2021年春以降は両ポイントが統合される予定。

JR東日本は9月3日、Suicaの鉄道利用でポイントを付与するサービスを10月1日から開始すると発表した。

JR東日本のポイントサービスである「JRE POINT」は、これまでエキナカや駅ビル、クレジットカードの利用で付与されてきたが、10月1日以降にJRE POINTに登録したSuicaでJR東日本エリアの鉄道を利用した場合、在来線の乗車やSuicaグリーン券の購入、モバイルSuica定期券の購入で1回ごとに額に応じて付与される。

対象となるSuicaは、モバイルSuica(モバイルSuica定期券を含む)とカードタイプの記名入りSuicaで、モバイルSuicaの還元額は2%、カードタイプのSuicaは0.5%となる。

1ポイントは1円換算で、モバイルSuica定期券を除いて、1ポイント未満の利用となっても1ポイントが付与される。ポイント算出の際、1ポイント未満の端数は切捨てとなる。

ポイントが付与される時期は、乗車日または定期券利用開始日の翌月下旬以降となる。モバイルSuica定期券の場合は、他社線に跨るものでも、合算額がポイント対象となるが、払い戻した場合はポイントを返還する必要がある。

また、2020年春以降は「タッチでGo!新幹線」の利用で2%のポイントを、同年12月以降はSuicaの回数券的な繰返し利用で乗車1回分のポイントを、2021年春以降は「えきねっと」での切符購入額に応じたポイントを付与するサービスも開始される予定で、付与されたポイントは、2021年春以降に座席のアップグレードや在来線特急を利用できる特典チケットの交換でも利用可能となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 関東圏でSuicaの利用範囲が拡大…宇都宮地域や鹿島線がエリアに 2020-2022年 画像 関東圏でSuicaの利用範囲が拡大…宇都宮地域や鹿島線がエリアに 2020-2022年
  • Suicaがパワーアップ…9月には「都区内パス」などの企画乗車券に対応、2020年春には「楽天ペイ」と連携 画像 Suicaがパワーアップ…9月には「都区内パス」などの企画乗車券に対応、2020年春には「楽天ペイ」と連携
  • 沖縄都市モノレールが10月1日に浦添市内まで延伸…2020年春にはSuicaも導入 画像 沖縄都市モノレールが10月1日に浦添市内まで延伸…2020年春にはSuicaも導入

特集

おすすめのニュース