豊田合成、米国の人件費高騰などで営業益24%減 2019年4-6月期決算

豊田合成は7月31日、2019年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。米州での人件費上昇などにより、営業利益は前年同期比24.0%減の78億6700万円で大幅な減益となった。

売上高は、主要顧客の生産台数増加などにより、前年同期比1.9%増の2093億5500万円となった。利益については、増販効果や合理化努力等はあったものの、日本での前期の新型車効果の反動や米州での人件費上昇等により、営業利益は同24.0%減の78億6700万円、税引前利益は同26.2%減の80億5300万円、純利益は同45.2%減の37億0800万円となった。

通期業績見通しは、売上高8450億円(前期比0.5%増)、営業利益410億円(同12.3%増)、税引前利益420億円(同12.4%増)、純利益250億円(同7.3%増)とした前回予想を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日産車体は最終赤字6億1300万円、販売減が直撃 2019年4-9月期決算 画像 日産車体は最終赤字6億1300万円、販売減が直撃 2019年4-9月期決算
  • 日産4-6月決算、『脱ゴーン』で拡大路線転換[新聞ウォッチ] 画像 日産4-6月決算、『脱ゴーン』で拡大路線転換[新聞ウォッチ]
  • 日産自動車、営業益98.5%減…生産体制見直しで1万2500人削減へ 2019年4-6月期決算 画像 日産自動車、営業益98.5%減…生産体制見直しで1万2500人削減へ 2019年4-6月期決算

特集