【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2019】ケニー、ローソン、レイニーが登場

ケニー・ロバーツとヤマハ YZR500
  • ケニー・ロバーツとヤマハ YZR500
  • ケニー・ロバーツ
  • エディ・ローソンとヤマハ YZR500
  • エディ・ローソン
  • ウェイン・レイニーとヤマハ YZR500
  • ウェイン・レイニー

鈴鹿サーキットは、11月16・17日に開催する「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2019」に、世界GPで活躍したレジェンドライダー、ケニー・ロバーツ、エディ・ローソン、ウェイン・レイニーの3名が登場すると発表した。

ケニー・ロバーツは1951年生まれ。アメリカ国内レースのAMAシリーズで活躍後、1978年からヤマハのワークスライダーとして世界GP500ccクラスで3連覇。圧倒的な強さを発揮しただけなく、リアタイヤを滑らせるスライド走法やハングオンスタイルを確立させ「キング・ケニー」の称号を得た。

エディ・ローソンは1958年生まれ。1980年にカワサキのライダーとして鈴鹿8耐に参戦。1981年、82年にAMAスーパーバイクチャンピオンを獲得。1983年にヤマハに移籍すると、ケニー・ロバーツのチームメイトとして世界GP500ccクラスに参戦。1984年、86年、88年にヤマハで、89年にホンダでチャンピオンを獲得。ミスの少ない手堅いライディングから「ステディ・エディ」と呼ばれた。1990年には平忠彦とのペアで鈴鹿8耐で優勝した。

ウェイン・レイニーは1960年生まれ。1984年に世界GP 250ccクラスに初参戦し、1987年にAMAスーパーバイクでチャンピオンを獲得。1988年から世界GP500ccクラスにフル参戦し、スズキのケビン・シュワンツと名勝負を繰り広げながら、1990年から1992年まで3連覇を達成した。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【鈴鹿8耐 基礎編】イベントにフェスにプールも…自分流の楽しみ方で 画像 【鈴鹿8耐 基礎編】イベントにフェスにプールも…自分流の楽しみ方で
  • 日本初のバイク型コースター「GPレーサーズ」、鈴鹿にオープンへ 2020年3月 画像 日本初のバイク型コースター「GPレーサーズ」、鈴鹿にオープンへ 2020年3月
  • 【鈴鹿8耐 基礎編】優勝とシーズン王者争いに注目…激しいふたつの争い 画像 【鈴鹿8耐 基礎編】優勝とシーズン王者争いに注目…激しいふたつの争い

特集