【レッドブル・エアレース 第3戦】室屋、年間優勝争いから一歩後退

ハンガリーのバラトン湖の上でレースに臨んだ室屋のフライト
  • ハンガリーのバラトン湖の上でレースに臨んだ室屋のフライト
  • 左から2位のベン・マーフィー、1位のマット・ホール、3位のピート・間無ロード
  • 優勝したマット・ホールのフライト
  • 室屋のフライト
  • 会場となったバラトン湖はハンガリー有数の観光地
  • マルティ・ソンカ選手のフライトには地元チェコの声援が送られた

「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」の第3戦が7月14日、ハンガリーのバラトン湖で開催された。2度目の年間王者を目指す室屋義秀は、決勝で最初の「ラウンド・オブ・14」で敗退。結果は12位、2 ポイント獲得にとどまった。

ハンガリー有数の観光地でもあるバラトン湖はエアレースにとって初めての開催。主催者のレッドブルによれば「レーストラックは、シンプルながら、風などのコンディションを考慮すると多くのオプションがあってライン取りを決めるのが難しいコース」とされる。今シーズン限りで終了が発表されたエアレースは、今大会を含めて残すところあと2回。今シーズンの室屋は初戦から2連勝と絶好調だ。

しかし、室屋にとって不運は予選から訪れた。室屋は予選の1本目のフライトで58秒846の好タイムを記録し、そのまま2本目も予選ポイントが獲得できる3位を目指して攻め込んだ。しかし、気合いが入り過ぎたのか、2本目は進入スピード超過、オーバーG、クロッシング・ザ・トラックリミットラインで計3秒のペナルティが加算されてしまう。これで1本目のタイムが予選でのタイムとなり、この時点では第3位。それでも、この時点では予選ポイントは1ポイントを獲得したはずだった。

ところが2本目を終えてから、1本目のレースでもクロッシング・ザ・トラックリミットラインがあったと判定され、1秒のペナルティが加算されてしまう。結果、予選でのポイントはゼロで終わってしまった。

翌日の決勝は気持ちを切り換えて「ラウンド・オブ・14」に臨んだ室屋。しかし、ここでも不運は続く。決勝当日の天気は風が徐々に強くなっていくとの予報。室屋はそれを想定してコース取りを決定していたが、レース直前に風がピタリと止んでしまう。この想定と違う事態がレースに不利となって働き、タイムは1分01秒016と伸び悩んでしまった。

この状況を上空で見ていた対戦相手のマット・ホールは、この日、誰も選んでいないコースを選択。その結果、ペナルティなくフライトを続け、室屋を上回るタイムへとつなげることに成功。そのまま順調に好タイムをマークし、今大会の優勝へと結びつけた。

レース後、室屋選手は「今日は結果が伴いませんでしたが、ワールドチャンピオンシップに王手がかかっているのは間違いないので、次の千葉に向けて準備を進めるしかないですね」とコメントした。最終戦は9月7日・8日の千葉市幕張海浜公園で行われる。

第3戦の上位結果と室屋の成績は以下の通り。

●ファイナル4
1位:マット・ホール(オーストラリア)58秒839 25ポイント
2位:ベン・マーフィー(イギリス) 58秒957(ペナルティ+1) 22ポイント
3位:ピート・マクロード(カナダ) 58秒966(ペナルティ+1) 20ポイント
4位:マルティン・ソンカ(チェコ) 1分02秒391(ペナルティ+3) 18ポイント

●ラウンド・オブ・14
12位:室屋義秀(日本) 1分01秒016 2ポイント

●Red Bull Air Race World Championship 2019 総合順位(上位5位まで)
1位:マルティン・ソンカ(チェコ) 65ポイント
2位:マット・ホール(オーストラリア) 61ポイント
3位:室屋義秀(日本) 55ポイント
4位:ベン・マーフィー(イギリス) 37ポイント
5位:マイケル・グーリアン(アメリカ) 37ポイント

《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集