ドローンを活用して鉄道施設を点検…JR九州が「空のインフラ」を活用して数年以内に実用化へ

ドローンを使った鉄道施設点検実験の様子。
  • ドローンを使った鉄道施設点検実験の様子。

JR九州は7月12日、無人航空機(ドローン)とAIを活用した鉄道施設の点検ソリューションを開発したことを明らかにした。

これは共同開発者である株式会社A.L.I.Technologiesが持つ特許群「空のインフラ」技術を、鉄道施設の画像解析技術や枯木の早期発見技術などと融合させることで、施設点検の効率化・高度化を実現しようというもので、2017年から開発・実験に取り組んできた。

2者はこれらに加えて安全管理など各種オペレーション改善へ向けた開発も行なっており、数年以内の運用開始を目指すとしている。

ドローンを活用して鉄道施設の点検を行なう取組みとしては、近畿日本鉄道(近鉄)が2018年2月からKDDIの携帯通信網を活用して開始している。

また、JR九州ではゼンリン、イームズロボティクスと共同で、豊肥本線の線路上で測位衛星を活用したドローンの飛行実験を行なっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集