乗用車の衝突被害軽減ブレーキの国際基準が成立…国交省が義務付けを検討へ

乗用車等の衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)の国際基準
  • 乗用車等の衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)の国際基準

国土交通省は、国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第178回会合(6月24~28日、ジュネーブ)で、乗用車などの衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)の国際基準が成立したと発表した。

決定した主な要件は、静止車両、走行車両、歩行者に対して試験し、所定の制動要件を満たすこととする。エンジン始動のたびに、システムは自動的に起動してスタンバイすることとする。緊急制動の0.8秒前(対歩行者の場合、緊急制動開始)までに警報すること。

乗用車などのAEBSの国際基準に関して検討する分科会で、日本は共同議長として議論を主導してきた。今回、国際基準が成立し、同基準が2020年1月に発効する見込み。

日本では、6月18日に開催された「昨今の事故情勢を踏まえた交通安全対策に関する関係閣僚会議」で「未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策」がとりまとめられた。

国土交通省では、今回成立した国際基準の発効を受け、緊急対策に基づき、国内基準を策定するとともに、年内を目途に新車を対象にAEBSの義務付けを決定する予定。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集