豊田自動織機、自動車用ACインバーターの累計生産が3000万台を突破

豊田自動織機の1500W ACインバーター
  • 豊田自動織機の1500W ACインバーター
  • ACインバーターからの電力を利用したスマートフォンへの充電
  • 豊田自動織機のACインバーター生産台数

豊田自動織機は6月19日、自動車用ACインバーターの累計生産が3000万台を達成したと発表した。

自動車用ACインバーターは、車載バッテリーの直流電圧を家庭用交流電圧に変換し、家電製品の使用を可能にする車載電源部品。1990年代後半のRVブームや携帯電話・パソコンの普及を背景に、車内で家電製品を使いたいというニーズが高まり、完成車に標準搭載するタイプは同社が世界で初めて開発、1995年に生産を開始した。

現在は出力電力60W~1500Wのラインアップを取り揃え、世界中に供給。ここ数年は北米市場が好調で、生産数を右肩上がりで伸ばしている。

近年は、大容量バッテリーを搭載するHV、PHV、EVなど電動車が普及し、エンジン車に搭載できなかった1500Wの高出力タイプも製品ラインアップに追加。消費電力の大きな給湯器や暖房器具も使用可能となるため、国内では災害発生時の非常用電源としても注目されている。

さらに現在は、ACインバーターを搭載した自動車を複数台連結し、より高い出力電力を可能にする製品の開発にも取り組んでいる。これにより、大規模避難所における電力の安定供給を実現できる見込みで、今後は自治体と連携した本格的な実証実験も予定している。

同社エレクトロニクス事業部長の大年浩太執行職は、今回の3000万台達成に寄せて「ACインバーターは当社の主力製品となり、その他当社の電源製品がトヨタ自動車のプリウスに代表される電動車に多く採用されている。車の電子化が進む中、電源は重要なコンポーネントであり、今後もその分野で技術を発展させ、より良い製品を届け続けていく」とコメントした。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集