マツダ、腐食防食学会の技術賞を受賞---腐食の測定方法を確立

腐食環境測定システム概要
  • 腐食環境測定システム概要
  • 計測画面

マツダは、同社の研究者3名が公益社団法人 腐食防食学会より、自動車の腐食環境測定システムの開発とその実用化で技術賞を受賞したと発表した。

腐食防食学会技術賞は「腐食防食の分野における優れた技術」に対して贈られるもの。受賞した「腐食環境測定システム」は、計測装置を自動車に搭載することで、世界中の様々な地域で走る自動車の部位ごとの腐食環境を測定し、大規模データの解析を実現するもの。

受賞者は、マツダ車両開発本部の福田 克弘さん、中本 尊元(たかよし)さん、山根 貴和さんの3名。受賞理由は、自動車の部位ごとの腐食環境を簡便に測定することを可能にし、大規模データの解析手法を確立したことで、適切な防錆処理を行うことが可能になり、今後の自動車産業の発展への貢献が期待されること。

マツダが同賞を受賞するのは2回目。表彰式は5月22日に「材料と環境2019」会場(さいたま市大宮区)で行われる。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集