電気を使って苦しい鉄道会社を応援…銚子電力の「銚子電鉄を応援するプラン」

電力会社と鉄道会社がコラボレーションした「チョウシeデンキ 銚子電鉄プラン」。電気料金を節約しながら、銚子電鉄の経営を応援できる。
  • 電力会社と鉄道会社がコラボレーションした「チョウシeデンキ 銚子電鉄プラン」。電気料金を節約しながら、銚子電鉄の経営を応援できる。
  • 「乗る」「買う」のほかに「使う」で銚子電鉄を応援するプラン。

千葉県銚子市の銚子電力は5月14日、「銚子電力 チョウシeデンキ 銚子電鉄プラン」を開始した。

銚子駅と外川(とかわ)駅を結ぶ銚子電気鉄道(銚子電鉄)を応援する企画で、銚子電力の「チョウシeデンキ 銚子電鉄プラン」を契約すると、電気料金の1%分が銚子電鉄へ還元されるというもの。

家庭向け「Sプラン」、商店などの事業者向け「Lプラン」、マンション共用部や業務用機器を持つユーザー向け「動力プラン」、法人向け「高圧プラン」が対象で、電気料金を最大で年間8万2200円(Lプランの場合)節約できるという。

厳しい経営環境に立たされている中小私鉄と地産地消を目的に設立された電力会社がコラボレーションしたユニークな企画で、銚子電力では「契約するだけで、電気料金を節約しながら、銚子電鉄を経済的に応援することができる」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集