BMWとマイクロソフト、提携を強化…自動運転輸送システム向けプラットフォームなどを開発へ

BMWグループのドイツ工場に導入されている自動運転輸送システム
  • BMWグループのドイツ工場に導入されている自動運転輸送システム
  • BMWグループのドイツ工場に導入されている自動運転輸送システム
  • BMWグループのドイツ工場に導入されている自動運転輸送システム

BMWグループ(BMW Group)とマイクロソフト(Microsoft)は4月2日、ドイツで開催中の「ハノーバーメッセ2019」において、両社が提携を強化することで合意した、と発表した。

すでにBMWグループとマイクロソフトは、提携関係にある。BMWグループはクラウドサービスの大半に、マイクロソフトの「アジュール」(Azure)を採用している。

今回の提携強化では、マイクロソフトのアジュールの産業用IoTクラウドプラットフォーム上に構築された「オープン・マニュファクチャリング・プラットフォーム」を開発。自動車産業だけでなく、他の製造業者やサプライヤーにもコミュニティへの参加を呼びかけ、製造業がより迅速でコスト効果の高いイノベーションを可能にすることを目指す。

具体例のひとつが、BMWグループのドイツ・レーゲンスブルク工場で使用している第2世代の自動運転輸送システム向けのIoTプラットフォームの開発だ。BMWグループのIoTプラットフォームは、マイクロソフトのアジュールのクラウドやIoT、AI機能をベースに構築されている。現在3000台以上の機械やロボット、自動運転輸送システムが、これに接続されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタとエヌビディア、提携を拡大…自動運転技術の開発を促進 画像 トヨタとエヌビディア、提携を拡大…自動運転技術の開発を促進
  • GMとホンダ、自動運転領域で提携 GMクルーズに資本参加 画像 GMとホンダ、自動運転領域で提携 GMクルーズに資本参加
  • BMWとダイムラー、自動運転で提携…次世代技術を共同開発へ 画像 BMWとダイムラー、自動運転で提携…次世代技術を共同開発へ
  • VWとフォードモーター、世界規模での提携で合意…EVや自動運転車でも協業へ 画像 VWとフォードモーター、世界規模での提携で合意…EVや自動運転車でも協業へ

特集