【ゴールデンウィーク 渋滞予想】阪神高速、神戸線で25km以上…ピークは西行が5月2・3日、東行が4・5日

阪神高速道路は、ゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)の渋滞予想を発表。3号神戸線で激しい渋滞の発生が予想されるとして注意を呼びかけている。

自動車 社会 社会
阪神高速道路は、ゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)の渋滞予想を発表。3号神戸線で激しい渋滞の発生が予想されるとして注意を呼びかけている。

阪神高速では例年、ゴールデンウィーク期間中、帰省等により、一部の路線で普段と異なる激しい渋滞が発生。今年は兵庫地区で5月2日から5日まで、多くの渋滞が発生すると予想している。

特に3号神戸線東行は、5月4日、5日で深江付近を先頭に第二神明に掛けて25km以上の渋滞が発生する見込み。また西行は、行楽利用が集中する5月2日、3日を渋滞のピークと予想。阪神高速では、渋滞ピーク日を避けた利用や、渋滞が一部避けられる7号北神戸線等の利用を検討するよう呼びかけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集