「JapanTaxi」アプリが顧客体験プラットフォームを採用、マッチングの最適化

「JapanTaxi」が「KARTE for App」を導入(イメージ)
  • 「JapanTaxi」が「KARTE for App」を導入(イメージ)

プレイドは、ネイティブアプリ向け顧客体験プラットフォーム「KARTE for App」がタクシー配車アプリ「JapanTaxi」に導入されたと発表した。

「JapanTaxi」アプリは、600万ダウンロードを達成している国内最大のタクシー配車アプリだが、ダウンロードしたユーザーの継続利用・定着化が課題となっている。

今回、課題解決に向けて、「JapanTaxi」アプリは乗客とタクシーとの最適なマッチングの実現を目指すため、「KARTE for App」を導入する。「KARTE for App」は顧客の属性や状況、行動を精細に、リアルタイムに把握して接客アクションに活かすことができる。

「JapanTaxi」アプリにはGoogle BigQuery/Adjustなどの各種ツールを利用している。「KARTE Datahub」も同時導入し、これらデータを統合して、利用客のこれまでの利用実績からリアルタイム接客を実現する。

「KARTE for App」は利用者を徹底的に理解するため、共通基盤として社内全体で活用していくことを想定している。施策やその効果を可視化し、全体で共有することで、接客アクションの最適化を図るとともに、「JapanTaxi」アプリを顧客視点でアップデートしていくのに活用していく。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集