曙ブレーキは新型 ジムニー のブレーキパッドを開発中…IAAE 2019

新型スズキ『ジムニー』は、ブレーキパッドの形状がそれまでのモデルから変更された。ジムニーのパッドは歴代で同じ形状を維持してきたので、年式やモデルの違いなく利用ができたのだが、新型は流用ができないので、アフターマーケットでは各社が開発を進めている。

曙ブレーキも新型を開発しているメーカーのひとつ。残念ながら、IAAE 2019のブースに試作品や発売前の製品の展示はなかった。発売は2019年夏を予定しているとのことだが、詳細は未定という。

軽自動車向けでは、ダイハツ『コペン』とスズキ『アルトワークス』向けのハイパフォーマンスブレーキパッドを2019年春に発売予定とする。ハイエース用のパッドも開発中だ。こちらは、効きにこだわるハイパフォーマンスパッドと、耐摩耗性にこだわるハードユースパッドだという。時期は未定だが、2019年度中に発売を目指している。

事業再生ADR申請中の同社としては、製品の展示そのものは少ないが、欧州などで注力するハイパフォーマンスブレーキ事業に向けて、アフターマーケットに新製品をアピールするといったところだろう。

スズキ ジムニーに関するニュースまとめ一覧

《中尾真二》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース