三井化学、新素材を融合したコンセプトカー「hour's Pod」出展へ…JEC WORLD 2019

三井化学 hour's Pod
  • 三井化学 hour's Pod

三井化学は、3月12日から14日にパリで開催される世界最大規模の複合材料展「JEC WORLD 2019」に出展。自動運転時代に向けた同社初のコンセプトカー「hour's Pod」を展示する。

hour's Podは、自動運転が普及した未来における新しい時間の使い方を提案するコンセプトカー。三井化学グループの様々な新素材・新技術を搭載しており、素材の融合により実現する新しい移動環境、時空間の価値を提案する。

コンセプトカーの骨格や床材には、軽量、低吸水、リサイクル性、高い加工性を持つ、炭素繊維とポリプロピレンによるUD(Uni-Directional)材料「TAFNEX」をテープやパイプ状に成形して搭載。ウィンドウ表面には、防汚性や防曇性、易洗浄性、耐擦傷性、帯電防止性、速乾性に優れたUV(紫外線)硬化コート剤「ノストラ」を採用する。

また、シートやテーブルのクッション材には、新規イソシアネートを用いたポリウレタンエラストマー「フォルティモ」を採用し、高弾性・高耐熱性と無黄変性を両立し、さらに優れた耐久性を発揮。その表層には、フォルティモとリアルカーボンを組み合わせた複合材料を搭載し、耐久性や耐衝撃性、高弾性などを保ちつつ、柔らかで滑らかな心地良い触感を実現している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • アルファロメオが小型SUV『トナーレ』提案、ブランド初のPHV…ジュネーブモーターショー2019 画像 アルファロメオが小型SUV『トナーレ』提案、ブランド初のPHV…ジュネーブモーターショー2019
  • ベントレー コンチネンタルGT 新型に635馬力のオープン、ジュネーブモーターショー2019で発表へ 画像 ベントレー コンチネンタルGT 新型に635馬力のオープン、ジュネーブモーターショー2019で発表へ
  • 三井化学 淡輪社長「エンジニアリングプラスチック分野でM&Aを検討」 画像 三井化学 淡輪社長「エンジニアリングプラスチック分野でM&Aを検討」
  • 自動車のフロントガラスに使える透明樹脂、ガラス比66%軽量化 住友化学が開発 画像 自動車のフロントガラスに使える透明樹脂、ガラス比66%軽量化 住友化学が開発

特集