アプリリア トゥオーノV4 1100ファクトリー、電子制御サス装備へ 205万2000円

アプリリア トゥオーノ V4 1100ファクトリー
  • アプリリア トゥオーノ V4 1100ファクトリー
  • アプリリア トゥオーノ V4 1100ファクトリー
  • アプリリア トゥオーノ V4 1100ファクトリー
  • セミアクティブ電子制御サスペンションシステム
  • セミアクティブ電子制御サスペンションシステム

ピアッジオグループジャパンは、電子制御サスペンションを装備したアプリリアのスーパースポーツ ネイキッド『トゥオーノ V4 1100 ファクトリー』2019年モデルを3月22日より受注し、5月下旬より出荷を開始する。

トゥオーノV4ファクトリーは、最大出力175hp、最大トルク12.3kgmを発生する1077cc V型4気筒エンジンを搭載。フラッグシップスーパースポーツ『RSV4』譲りの優れたパフォーマンスを発揮する。

2019年モデルでは、オーリンズとアプリリアの共同開発によるセミアクティブ電子制御サスペンションシステムを標準装備。ハンドルバーのボタン操作でセミアクティブモードとマニュアルモードが選択できる。

セミアクティブモードでは、走行ルートのタイプとライディングスタイルに応じて1秒ごとに油圧特性を調整。一方マニュアルモードでは、機械式サスペンションシステムの動作と同じ方法で、あらかじめ設定された多彩な設定を提供する。ともに「トラック」「スポーツ」「ロード」の3モードを用意。好みやライディングスタイルに応じて、サスペンションの微調整など、カスタマイズができる。

価格は205万2000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集