札幌市電の新型低床車は3月4日に復帰…床下破損で修理中の1100形「シリウス」

1100形事故当時の様子。当初の見込みどおり、ほぼ3ヶ月の修理期間で復帰できる見通しとなった。
  • 1100形事故当時の様子。当初の見込みどおり、ほぼ3ヶ月の修理期間で復帰できる見通しとなった。

札幌市交通局は2月28日、修理のため運用を休止している札幌市電の新型低床車両1100形「シリウス」を3月4日から運行再開すると発表した。

連接タイプのA1200形低床車両を単車タイプとした「シリウス」は、札幌市電4年ぶりの新車として2018年10月27日から営業運行を開始したが、同年11月28日に市電の車庫にあたる電車事業所(札幌市中央区)で構内移動中に、ポイント切換えのミスで床下が破損し、修理を余儀なくされていた。

当初は再開まで3か月程度を要する見込みとされており、ほぼ予定どおりの復帰となる。再開初日は、中央図書館前8時04分発の外回り電車から運用に入り、19時39分に入庫する予定だが、それ以降の運用は「法定検査等の必要がある日以外は運行」としており、定まっていない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集