ブリヂストン、オランダ・Tom Tom社のデジタルフリートソリューション事業を買収

ブリヂストンは1月22日、欧州子会社を通じ、オランダ・Tom Tom社のデジタルフリートソリューション事業を買収したと発表した。買収金額は9億1000万ユーロ(約1138億円)。

Tom Tom社は、多様な文化・法律・交通システムを持つ欧州で、業界をリードするデジタルフリートソリューションプロバイダーだ。同社のデジタルフリートソリューション事業は、運送およびパーソナルモビリティ分野でデータプラットフォームを提供。ドライバーや運行状況に関する様々なデータの管理・提供を通じて、ドライバーや運送業者の安全性・効率性・生産性の向上に貢献している。

ブリヂストングループは、これまで培ってきたタイヤに関する知見、グローバルサービスネットワークと、Tom Tom社のデジタルフリートソリューション事業を融合することで、MaaSに象徴される次世代のモビリティ社会を支える新サービスの提供を目指す。また、同事業がサービスを提供する約86万台の車両と、そこから得られる車両やタイヤの稼働状況に関するビッグデータを活用することで、商品開発やメンテナンスサービスの品質向上につなげていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース