日産、経営に重要な事項は取締役会で決議することを決定

日産の西川社長 (c) Getty Images
  • 日産の西川社長 (c) Getty Images
  • 日産自動車グローバル本社(横浜市) (c) Getty Images
  • 日産自動車グローバル本社(横浜市) (c) Getty Images

日産自動車は1月10日、取締役会を開催し、ガバナンスを強化するため、経営に重要な事項について、取締役会での決議を必要とする項目を拡大することを決議した。

取締役会の冒頭、ルノー、三菱自動車とのアライアンスパートナーシップの重要性を改めて確認したという。

カルロス・ゴーン前会長が取締役会の決議を経ないで、個人の投資の損失を日産に付け替えていたことなどから、取締役会での決議が必要な項目を拡大して明確化した。

また、取締役と役員層の報酬に関し、「ガバナンス改善特別委員会」の提案に基づいて、取締役会で決議するまでの間、暫定的な決定プロセスについて決議した。

さらに、ゴーン元会長による不正行為に関する社内調査について追加報告したという。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ルノー、ゴーン会長兼CEOを含む全役員の報酬を調査…不正なしと結論 画像 ルノー、ゴーン会長兼CEOを含む全役員の報酬を調査…不正なしと結論
  • 証券取引等監視委員会、報酬の虚偽報告でゴーン元会長らを東京地検に告発 画像 証券取引等監視委員会、報酬の虚偽報告でゴーン元会長らを東京地検に告発
  • 三菱自動車、ゴーン事件を受けて指名・報酬委員会を設置 画像 三菱自動車、ゴーン事件を受けて指名・報酬委員会を設置
  • ゴーン元会長の起訴、日産「事態を重く受け止めている」 画像 ゴーン元会長の起訴、日産「事態を重く受け止めている」

特集