シェアリングサービス「カーステイ」が車中泊保険に加入 ホストの不安を払拭

カーステイが車中泊保険に加入
  • カーステイが車中泊保険に加入

Carstay(カーステイ)は、三井住友海上が提供する車中泊旅行者向け「個人賠償責任保険」および車中泊事業者向け「施設所有(管理)者賠償責任保険」に包括的に加入。万が一の事故に備えたサービスを開始する。

カーステイは、旅行者に車中泊・テント泊が可能な駐車場と文化体験を提供する日本初のシェアリングサービス「カーステイ」のホスト募集を開始。2019年1月にリリースを予定している。本保険へ加入することで、カーステイに駐車場や空き地を提供する事業者と、車中泊をする旅行者は、より安心・安全にサービスを利用できるようになる。

ホスト側は、駐車場の管理不備によりゲストを怪我させてしまう、駐車場での騒音被害によりホストが訴えられるなどのトラブルに対応。ゲスト側は、駐車場にいる人を怪我させてしまう、駐車場にある物を壊してしまうなどのトラブルに備えることができる。また、旅行者向けの個人賠償責任保険は三井住友海上とオーダーメイドで専用開発。示談交渉サービスがセットされているので、ゲストが万一のトラブルを起こした場合も安心だ。

近年、アウトドアレジャーの人気の高まりにより、車中泊人口は増加。しかし、道の駅や無料キャンプ場での車中泊・テント泊による、騒音やゴミ等が社会問題化しており、民泊同様、第三者の宿泊行為を許可することは、ホストにとって施設への被害や、利用者同士のトラブル、地域住民への騒音迷惑等のリスクが残る。

今回、カーステイは包括的な保険に加入することで、利用者に保険料の負担をかけることなく、安心して駐車場を貸出・利用できるよう、サポート体制を強化。ホストの不安を払拭し、2019年1月のサービス開始に備える。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集