三陸鉄道リアス線の開業は2019年3月23日…盛-久慈間163kmを4時間30分前後で結ぶ

リアス線の開業により、盛~釜石~宮古~久慈間を4時間30分前後で結ぶ長大な三陸横断列車が登場する。写真は北リアス線の気動車で、北リアス線区間では現行より上下各1本が増発される。また北リアス線起点の宮古駅は三陸鉄道の本社となる。
  • リアス線の開業により、盛~釜石~宮古~久慈間を4時間30分前後で結ぶ長大な三陸横断列車が登場する。写真は北リアス線の気動車で、北リアス線区間では現行より上下各1本が増発される。また北リアス線起点の宮古駅は三陸鉄道の本社となる。

盛(さかり)駅(岩手県大船渡市)と久慈駅(岩手県久慈市)を結ぶ三陸鉄道リアス線が2019年3月23日に開業することになった。12月13日に三陸鉄道がそのダイヤの概要を明らかにした。

リアス線は、現行の南リアス線(盛~釜石)と北リアス線(宮古~久慈)に、東日本大震災からの復旧の上、JR東日本から移管される山田線(釜石~宮古)を加えた盛~久慈間163kmの路線。

開業日となる3月23日は、復旧区間の釜石~宮古間で2往復の記念列車が運行され、南リアス線区間と北リアス線区間は現行の時刻で運行。釜石~宮古間の乗車券は発売されない。翌3月24日にはダイヤ改正が実施され、一般営業列車の運行が開始される。

改正後のダイヤでは、リアス線全線を結ぶ列車を上り3本・下り2本設定。全線の所要時間は4時間21~38分となる。また、盛~釜石~宮古間では上り2本・下り3本、釜石~宮古~久慈間では上り1本・下り2本が設定される。

復旧区間となる釜石~宮古間については、普通列車が上下各11本となり、復旧前に比べて上下各1本の増発となるほか、岩手船越~宮古間では朝の通勤時間帯に下り1本が設定される。ダイヤ改正を機に、岩手県宮古市内では、豊間根~津軽石間に払川(はらいかわ)駅、津軽石~磯鶏(そけい)間に八木沢駅と宮古短大駅が新設される。

このほか、南リアス線区間や北リアス線区間でも増発され、宮古駅は1・2番線にリアス線、3番線に山田線(盛岡方面)がおもに発着し、1番線はJR山田線も発着。釜石駅は3・4番線にリアス線がおもに発着し、3番線はJR釜石線も発着する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集