京急大師線の一部地下化は2019年3月3日…産業道路駅のホームは地下に

東門前~小島新田間が地下化される大師線の縦断面図と平面図。産業道路第1・2踏切、東門前第3踏切が撤去されるほか、東門前第2踏切が廃止され、この踏切道は通行不可となる。バス代行輸送計画の詳細は2019年2月上旬に発表される予定。
  • 東門前~小島新田間が地下化される大師線の縦断面図と平面図。産業道路第1・2踏切、東門前第3踏切が撤去されるほか、東門前第2踏切が廃止され、この踏切道は通行不可となる。バス代行輸送計画の詳細は2019年2月上旬に発表される予定。

京浜急行電鉄(京急)は12月3日、大師線東門前(ひがしもんぜん)~小島新田間約980mを2019年3月3日に地下化すると発表した。

これは川崎市の都市計画事業として2006年に着手された「川崎都市計画都市高速鉄道京浜急行大師線連続立体交差事業」の進捗に伴なうもので、産業道路駅(川崎市川崎区)の上下ホームが地下に移設される。

地下化切換え工事は3月2日(延期の場合は3月9日)の終電後に開始され、大師線は3月3日の始発から10時頃まで全線が運休となり、バス代行輸送が実施される。

なお、川崎市ではこの地下化に関連した現場見学会を2019年1月26・27日に開催する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集