トヨタ カローラ セダン新型、ハイブリッドの燃費は29.4km/リットル…欧州仕様

新型トヨタ・カローラ・セダン・ハイブリッド(欧州仕様)
  • 新型トヨタ・カローラ・セダン・ハイブリッド(欧州仕様)
  • 新型トヨタ・カローラ・セダン・ハイブリッド(欧州仕様)
  • 新型トヨタ・カローラ・セダン・ハイブリッド(欧州仕様)
  • 新型トヨタ・カローラ・セダン・ハイブリッド(欧州仕様)

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは11月16日、新型『カローラ セダン ハイブリッド』(Toyota Corolla Sedan Hybrid)の欧州仕様車を発表した。

新型カローラ セダン ハイブリッドの欧州仕様車には、1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する。この1.8リットルエンジンは、最大出力122hpを引き出す。

また、欧州仕様車の燃費性能は29.4km/リットル、CO2排出量は77g/kmとなる。トヨタモーターヨーロッパによると、欧州での一般的な通勤においては、最大でその半分をEVモードでまかなえるという。

なお、欧州向けの新型『カローラ セダン』の生産は、トヨタのトルコ工場で行う。欧州市場での販売開始は、2019年第1四半期(1~3月)を予定する。トヨタモーターヨーロッパは、カローラセダンにハイブリッドが設定されるのは欧州では初めて、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集