【G空間EXPO 2018】準天頂衛星「みちびき」がテーマ 11月15-17日に開催

G空間EXPO2018のチラシ
  • G空間EXPO2018のチラシ
  • G空間EXPO2018のチラシ

国土交通省は11月15日から11月17日の間、日本科学未来館(東京都江東区青海)で「G空間EXPO2018」を開催する。

G空間情報(地理空間情報)は、地図・衛星測位から得られる「いつ・どこ」といった時間・位置情報で、スマートフォンによるナビゲーションや位置情報に連動したゲームなどに広く活用されている。

今回8回目の開催となる「G空間EXPO2018」では、日本の衛星測位システムを構成する準天頂衛星「みちびき」が2018年から本格的に運用され始めたことから、年次テーマ「みちびきがG空間社会へ導いてくれるよ」に沿った展示・講演を実施する。

G空間EXPOには、関連業界に加え、地理に興味のある一般からも多数が来場しており、2017年度は約2万人が来場した。無人型航空機(UAV)フライトシミュレータなど、G空間社会を体験できる企画も、例年人気となっている。

入場は無料。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • グーグルマップ、全世界で電動車向け新サービス…最寄りの充電ステーションの位置を表示 画像 グーグルマップ、全世界で電動車向け新サービス…最寄りの充電ステーションの位置を表示
  • 位置・地図情報関連国内市場、2017年度から上昇カーブ 矢野経済予測 画像 位置・地図情報関連国内市場、2017年度から上昇カーブ 矢野経済予測
  • ゼンリン、位置情報ビッグデータを活用する「地図エコシステム」構想を紹介…ITSフォーラム2018福岡 画像 ゼンリン、位置情報ビッグデータを活用する「地図エコシステム」構想を紹介…ITSフォーラム2018福岡
  • 豊田通商など、タイで高精度ルートガイダンスシステムを実用化実証へ…準天頂衛星システム「みちびき」を活用 画像 豊田通商など、タイで高精度ルートガイダンスシステムを実用化実証へ…準天頂衛星システム「みちびき」を活用

特集