ランドローバー ディスカバリースポーツ、2019年モデルの受注開始 限定グレードを追加

ランドローバー ディスカバリースポーツ ランドマークエディション
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ ランドマークエディション
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ ランドマークエディション
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ ランドマークエディション
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ ランドマークエディション
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ ランドマークエディション
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ ランドマークエディション

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのコンパクトSUV『ディスカバリースポーツ』(Land Rover Discovery Sport)2019年モデルの受注を10月30日より開始した。

2019年モデルでは、限定グレード「ランドマークエディション」を追加し、全9機種展開とした。限定グレードはディーゼルエンジン搭載の「SE」をベース車両に、スポーティでダイナミックなフロントバンパーやグロスダークグレーの19インチ5スプリットスポーク「スタイル521」、グラファイトアトラスの「DISCOVERY」ロゴなどを備える。エクステリアカラーはナルヴィックブラック、コリスグレー、ユーロンホワイトの3色から選択でき、カルパチアングレーのコントラストルーフを装備。インテリアカラーはエボニーで統一し、ダークグレーアルミニウムフィニッシャーを組み合わせている。

価格は443万円から763万円。ランドマークエディションは593万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集