ジャガー XF、2019年モデルの受注開始 コネクティビティ機能と安全性強化

ジャガーXF300スポーツ
  • ジャガーXF300スポーツ
  • ジャガーXF300スポーツ
  • ジャガーXF300スポーツ
  • ジャガーXF300スポーツ

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーサルーン『XF』2019年モデルの受注を10月29日より開始した。

2019年モデルでは、新グレード「300スポーツ」を追加し、全17機種に拡大した。また、「プロテクト」「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」など、スマートフォンと連動するコネクティビティ機能を全グレードに標準装備。さらに、意図せず車線から逸脱しそうになると、自動的にステアリングを制御して車を車線内に戻すドライバー支援システム「レーン・キープ・アシスト(LKA)」も全グレードに標準装備とし、利便性と安全性を強化した。

新グレードの300スポーツは、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンの最高出力を300psに引き上げたスポーティモデルとなる。エクステリアは、グリルサラウンドやサイドベント&シル、ミラーキャップなどをダークサテングレーで統一。インテリアにはスタイリッシュなイエローコントラストステッチを採用したほか、「300 SPORT」専用ロゴをトレッドプレートやステアリングホイール、ヘッドレストなどに配している。

また、「XFスポーツブレイク」は、これまで「プレステージ」グレードのみの展開だったが、新たに「R-スポーツ」を追加し、さらに2.0リットル直列4気筒ディーゼルエンジンには全輪駆動(AWD)モデルが選択できるようになった。

価格は614万円から1156万円。300スポーツは866万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集