マツダ、クルマのデザインをアート領域へ昇華…デザインタッチ 10月19日から

東京ミッドタウンデザインタッチ2018 マツダスタンド(予定)
  • 東京ミッドタウンデザインタッチ2018 マツダスタンド(予定)
  • マツダ・ビジョン・クーペ(ジュネーブモーターショー2018)

マツダは、10月19日から28日まで東京ミッドタウンで開催されるデザインイベント「東京ミッドタウンデザインタッチ2018」に出展する。

東京ミッドタウンデザインタッチは、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに、デザインを通じて日常生活を豊かにすることを提案するイベントで、マツダは今回で7年連続の出展となる。

今回、マツダは「Breathing Life Into Things(モノに命を吹き込む)」というテーマのもと、マツダの次世代デザインビジョンモデル「マツダ・ビジョン・クーペ」とアート写真13点を組み合せた展示を行う。

クルマのデザインとアート写真という、一見かけ離れているようにも思える2つのジャンル。マツダとヴォーグイタリアは2社が共に持つ「モノに命を吹き込む」というアプローチのもと、今年6月イタリア・ミラノで開催されたコラボレーションイベントで、この2つのジャンルをアートで融合させた。

今回のデザインタッチへの出展では、イタリアで実現したアートの世界を、東京の街に舞台を移して再構築。ヴォーグイタリア選りすぐりのフォトグラファーによる「命を宿した」写真がビジョン・クーペに美しく映りこみ、それ自体がひとつのインスタレーションとなり、新たな生命感を創出している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集