BMW、中国合弁への出資比率を75%に引き上げ…外資規制撤廃を初適用へ

中国華晨汽車とBMWグループの両首脳
  • 中国華晨汽車とBMWグループの両首脳

BMWグループ(BMW Group)は10月11日、中国華晨汽車との合弁会社、BMWブリリアンスへの出資比率を75%に引き上げると発表した。

中国政府は従来、海外の自動車メーカーが中国の自動車メーカーと合弁会社を設立する場合、自国の自動車産業の育成を目的に、海外メーカーの出資比率を半分以下に制限してきた。しかし、中国政府はこの規制を撤廃する方針。BMWグループはこの規制撤廃を、海外の自動車メーカーとして初めて適用する。

BMWブリリアンスは2003年に設立。今年で合弁設立15周年を迎えた。現在、中国に2工場を持ち、2017年は『3シリーズ』『5シリーズ』『1シリーズ』『X3』などを前年比30%増のおよそ40万台現地生産している。

また今回、BMWグループと中国華晨汽車は、BMWブリリアンスの合弁契約を2040年まで延長すると発表。今後数年間で、瀋陽市の新工場建設などに30億ユーロ以上の投資を行う計画も公表されており、中国事業をいっそう強化していく。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集