パイオニア、クラウド型運行管理サービスに指定ルートコース機能を追加

クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」
  • クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」
  • 指定ルート作成画面
  • 通知エリアリスト画面

パイオニアは、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の機能を拡充。管理者が作成したルートをそのままカーナビに送信できる「指定ルートコース機能」を11月下旬より提供する。

パイオニアは、業務用車両向けのクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を、2015年6月より提供してきた。同サービスでは、カーナビゲーションやドライブレコーダーをはじめとする業務用車載端末を通信回線でサーバーと接続し、車両の動態管理や危険運転の通知・分析など高度な運行管理・支援を行うことができる。

今回、管理者が作成したルートをそのままカーナビに送信できる業界初の指定ルートコース機能を搭載。新機能により、事前に許可されたルートを外れてはならない大型車両や特殊車両、セキュリティを考慮する必要がある現金輸送車などのルートを指定できる。指定したルートを外れた際にはドライバーへ警告するとともに、管理者にもメールで通知されるため、状況をリアルタイムに把握して対応できる。また、新人ドライバーへの参考ルートの指示や、進入方向が決まっている目的地へのルート指示などにも活用できる。

そのほか、設定したエリアへの車両の出入りを検知・通知する「通知エリア機能」や「バック速度超過警告」を追加することで、より高度な運行管理と支援を実現する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集