Suicaを活用し地域のICカード導入を促進…「地域連携ICカード」を2021年にも導入へ

鉄道 企業動向
地域独自のサービスを維持しながら、相互利用可能な交通系ICカードの機能も備える「地域連携ICカード」の利用イメージ。
  • 地域独自のサービスを維持しながら、相互利用可能な交通系ICカードの機能も備える「地域連携ICカード」の利用イメージ。
JR東日本、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(ソニー)、JR東日本メカトロニクスの3者は9月25日、Suicaのシステムを活用した「地域連携ICカード」を開発すると発表した。

地域の交通事業者では、バスの定期券や地域独自の割引制度、導入コストなどの問題からICカードを導入できないケースがある。そこで3者は、交通系IC系カードのサービス向上と地域の活性化を図るためとして、Suicaの既存インフラを活用して、地域交通事業者のICカードとSuicaを一体化する「地域連携ICカード」システムの開発に乗り出すことになった。

3者のうち、JR東日本は導入サポートを、ソニーはフェリカOSの拡張を、JR東日本メカトロニクスは発行に関する開発を担当するとしており、2021年春の導入を目指す。

「地域連携ICカード」は、地域の交通事業者にとってICカードシステムへの投資を抑え、運用負担を軽減できるメリットがあり、3者は「国内における交通系ICカードの利用シーンが拡大することにより、地域の利用者のみならず、訪日外国人旅行者等の来訪者の利便性も大きく向上する」としている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • JR3社がICカードによる新幹線チケットレスサービスを開始へ 2019年度末…「モバイルSuica特急券」は廃止に 画像 JR3社がICカードによる新幹線チケットレスサービスを開始へ 2019年度末…「モバイルSuica特急券」は廃止に
  • ことでんの「IruCa」エリアで、他社ICカード利用可に…ただし「片乗入れ」 3月3日から 画像 ことでんの「IruCa」エリアで、他社ICカード利用可に…ただし「片乗入れ」 3月3日から
  • 【岩貞るみこの人道車医】SUICAだってやればできるはず、豪ICカードはこんなに便利 画像 【岩貞るみこの人道車医】SUICAだってやればできるはず、豪ICカードはこんなに便利

特集

おすすめのニュース