ジャガー XJ、2019年モデルの受注開始 50周年を記念した2つの特別モデルを追加

自動車 ニューモデル 新型車
ジャガー XJスポーツ&ラグジュアリー
  • ジャガー XJスポーツ&ラグジュアリー
  • ジャガー XJスポーツ&ラグジュアリー
  • ジャガー XJスポーツ&ラグジュアリー
  • ジャガー XJ 50
  • ジャガー XJ 50
  • ジャガー XJ 50
  • ジャガー XJ 50
  • ジャガー XJ 50
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、今年デビュー50周年を迎えるジャガーのフラッグシップサルーン『XJ』2019年モデルの受注を9月21日より開始した。

2019年モデルは、自動緊急ブレーキ(AEB)を標準装備して安全性をさらに高めると同時に、誕生50周年を記念して2019年モデル限定グレード「XJ50」と、20台限定の特別仕様車「XJスポーツ&ラグジュアリー」を新たに追加した。

誕生50周年記念のXJ50は、「プレミアム ラグジュアリー」をベース車両に、最上級グレード「XJオートバイオグラフィー」と同じ形状のフロント/リアバンパーを採用することでスポーツ性とラグジュアリー性を高めている。エクステリアカラーはフジホワイト、サントリーニブラック、ロワールブルー、ロッセロレッドの4色を展開。

インテリアには18ウェイシート、ヒーター、クーラー、マッサージ機能を備えたダイヤモンドカットのソフトグレインレザーシートや、アノダイズ加工を施したギアシフトパドル、ブライトメタルペダルなど、同モデル限定の特別装備を搭載している。

また、リアとサイドベント、センターアームレスト、イルミネーション付トレッドプレートに「XJ50」専用バッジを配するなど、記念モデルであることを印象づけたラグジュアリーな車両に仕上げている。

特別仕様車XJスポーツ&ラグジュアリーは、様々な装備を追加しながら車両本体価格を抑えた限定モデル。ベース車両の「XJ R-スポーツ」に、流れるようなスタイリングを際立たせるファラロンブラックのエクステリアと、明るく気品ある空間を演出するアイボリーを基調としたインテリアを採用している。また、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープアシスト、ドライバーコンディションモニターなどを標準装備し安全機能を充実させているほか、リモートプレミアム、InControlアプリ、Wi-Fiホットスポットの機能がすべて備わったコネクトプロを搭載する。

XJ 2019年モデルの価格は1149万円から2069万円。限定グレードXJ50は1321万円、特別仕様車XJスポーツ&ラグジュアリーは1258万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集