UPR、2万円台の低価格・軽量アシストスーツを出展予定 国際物流総合展2018

UPRは、9月11日から14日まで東京ビッグサイトで開催される物流・ロジスティクス展示会「国際物流総合展2018」に、世界初となる2万円台の低価格アシストスーツ「サポートジャケットBb+FIT」を出展する。

自動車 ビジネス 国内マーケット
サポートジャケットBb+FIT
  • サポートジャケットBb+FIT
  • サポートジャケットBb+FIT装着イメージ(製造業)
  • サポートジャケットBb+FIT装着イメージ(流通・サービス業)
  • サポートジャケットBb+FIT装着イメージ(物流業)
  • サポートジャケットBb+FIT装着イメージ(倉庫業)
  • サポートジャケットBb+FIT装着イメージ(農業)
  • サポートジャケットBb+FIT装着イメージ(介護・医療)
UPRは、9月11日から14日まで東京ビッグサイトで開催される物流・ロジスティクス展示会「国際物流総合展2018」に、世界初となる2万円台の低価格アシストスーツ「サポートジャケットBb+FIT」を出展する。

UPRは2010年よりアシストスーツ事業を展開。アシストスーツの課題である「高い・重い」により導入を見送っている企業に対して、2000件を超える現場デモを実施し、導入しやすいモデルの開発を進めてきた。

新開発のサポートジャケットBb+FITは、第二の背骨となるBb+をジャケット背面に装着することで、背骨と腰の理想的な姿勢へと誘導。また、腰を安定、保護するための大きなベルトにより背骨と腹筋、背筋を包み込むことで腹圧を保ち、作業時での腰や背骨への負担を軽減する。さらに膝から腰にかけては、脚の筋肉補助を目的としたパワーベルトを装着。作業時における前屈姿勢や起き上がりの力を補助し、疲れを軽減する。

ラインアップは作業性、快適性を追求した「FITスリム」と腰をガッチリ守れる「FITワイド」の2種類を用意。価格(税別)はスリムが2万5000円、ワイドが2万8000円。重量は0.5kg(スリム)。「安い・軽い」を実現し、アシストスーツの課題を解決する。

UPRでは9月10日よりサポートジャケットBb+FITの販売を開始。9月11日から開催される国際物流総合展にて展示し、その場で注文を受け付ける。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集